在线英语听力室 |  添加本站到收藏夹  |  把此页设为首页 | 
听力首页 听力教程 VOA慢速 英语歌曲 外语下载 英语小说 英语词典 在线背单词 听力论坛 韩语学习
听力专题 英语教材 VOA标准 英语动画 英语考试 资源技巧 英语翻译 单词连连看 听力家园 德语学习
听力搜索 英语导读 BBC英语 英语视频 英语电台 英语QQ群 外语歌曲   英语游戏 英语网刊 日语学习
当前位置: 英语听力论坛 » 日语学习 » 给友子的情书
返回列表 发帖

给友子的情书

【第一封】
1945年(ねん)12月(がつ)25日(にち)
友子(ともこ)、太阳(たいよう)がすっかり海(うみ)に沈(しず)んだ
これで、本当(ほんとう)に台湾岛(たいわんじま)が见(み)えなくなってしまった
君(きみ)はまだあそこに立(た)っているのかい?
友子(ともこ)
许(ゆる)しておくれ、この臆病(おくびょう)な仆(ぼく)を
二人(ふたり)のことを决(けっ)して认(みと)めなかった仆(ぼく)を
どんなふうに君(きみ)に惹(ひ)かれるんだったっけ
君(きみ)は髪型(かみがた)の规则(きそく)も破(やぶ)るし
よく仆(ぼく)を怒(おこ)らせる子(こ)だったね
友子(ともこ)
君(きみ)は意地(いじ)っ张(ぱ)りで、新(あたら)しい物好(ものず)きで
でも、どうしようもないぐらい君(きみ)に恋(こい)をしてしまった
だけど、君(きみ)がやっと卒业(そつぎょう)した时(とき)
仆(ぼく)たちは、戦争(せんそう)に败(やぶ)れた
仆(ぼく)は败戦国(はいせんこく)の国民(こくみん)だ
贵族(きぞく)のように傲慢(ごうまん)だった仆(ぼく)たちは、一瞬(いっしゅん)にして、罪人(ざいにん)のくび枷(かせ)を挂(か)けられた
贫(まず)しい一教师(いちきょうし)の仆(ぼく)が
どうして民族(みんぞく)の罪(つみ)を背负(せお)えよう
时代(じだい)の宿命(しゅくめい)は时代(じだい)の罪(つみ)
そして、仆(ぼく)は贫(まず)しい教师(きょうし)に过(す)ぎない
君(きみ)を爱(あい)していても、谛(あきら)めなければならなかった
-------------------------------------
【第二封】
三日目(みっかめ)
どうして君(きみ)のことを思(おも)わないでいられよう
君(きみ)は南国(なんごく)の眩しい太阳(たいよう)の下(した)で育(そだ)った学生(がくせい)
仆(ぼく)は雪(ゆき)の舞(ま)う北(きた)から海(うみ)を渡(わた)ってきた教师
仆(ぼく)らはこんなにも违(ちが)うのに、何故(なぜ)こうも惹(ひ)かれあうのか?
あの眩(まぶ)しい太阳(たいよう)が懐(なつ)かしい
あつい风(かぜ)…が懐(なつ)かしい…
まだ覚(おぼ)えているよ、君(きみ)が赤蚁(あかあり)に腹(はら)を立(た)てる様子(ようす)
笑(わら)っちゃいけないって分(わ)かってた
でも、赤蚁(あかあり)を踏(ふ)む様子(ようす)がとても绮丽(きれい)で
不思议(ふしぎ)なステップを踏(ふ)みながら、踊(おど)っているようで
怒(おこ)った身振(みぶ)り、激(はげ)しく軽(かろ)やかな笑(わら)い声…
友子(ともこ)、その时(とき)、仆(ぼく)は恋(こい)に落(お)ちたんだ…
强风(きょうふう)が吹(ふ)いて、台湾(たいわん)と日本(にほん)の间(あいだ)の海(うみ)に
仆(ぼく)を沈(しず)めてくれればいいのに
そうすれば、臆病(おくびょう)な自分(じぶん)を持(も)て余(あま)さずに済(す)むのに
----------------------------------------------------
【第三封】
友子(ともこ)
たった数日(すうじつ)の航海(こうかい)で
仆(ぼく)はすっかり老(ふ)け込(こ)んでしまった、潮风(しおかぜ)が连(つ)れてくる泣(な)き声(ごえ)を闻(き)いて
甲板(かんぱん)から离(はな)れたくない、寝(ね)たくもない
仆(ぼく)の心(こころ)は决(き)まった
陆(りく)に着(つ)いたら
一生海(いっしょううみ)を见(み)ないでおこう
潮风(しおかぜ)よ、何故(なぜ)、泣き声(ごえ)を连(つ)れてやって来(く)る?
人(ひと)を爱(あい)して泣(な)く、嫁(とつ)いで泣(な)く、子供(こども)を生(う)んで泣く
君(きみ)の幸(しあわ)せな未来図(みらいず)を想像(そうぞう)して、涙(なみだ)が出(で)そうになる
でも、仆(ぼく)の涙(なみだ)は潮风(しおかぜ)に吹(ふ)かれて
溢(あふ)れる前(まえ)に乾(かわ)いてしまう
涙(なみだ)を出(だ)さずに泣(な)いて、仆(ぼく)は、また老(ふ)け込(こ)んだ
憎(にく)らしい风(かぜ)
憎(にく)らしい月(つき)の光(ひかり)
憎(にく)らしい海(うみ)
-----------------------------------------------
【第四封】
十二月(じゅうにがつ)の海(うみ)は何処(どこ)か怒(おこ)っている
耻辱(ちじょく)と悔恨(かいこん)に耐(た)え
騒(さわ)がしい揺(ゆ)れを伴(ともな)いながら
仆(ぼく)が向(む)かっているのは故郷(ふるさと)なのか
それとも、故郷(ふるさと)を后(あと)にしているのか!
夕方(ゆうがた)、日本海(にっぽんかい)に出(で)た
昼间(ひるま)は头(あたま)が割(わ)れそうに痛(いた)い
今日(きょう)は浓(こ)い雾(きり)がたちこめ
昼(ひる)の间仆(あいだぼく)の视界(しかい)を遮(さえぎ)った
でも、今(いま)は星(ほし)がとても绮丽(きれい)だ
覚(おぼ)えてる?君(きみ)がまだ中学一年生(ちゅうがくいちねんせい)だった顷(ころ)
天狗(てんぐ)が月(つき)を食(く)う农村(のうそん)の伝说(でんせつ)を引(いん)っ张(ぱ)り出(だ)して
月食(げっしょく)の天文理论(てんもんりろん)に挑戦(ちょうせん)したね
君(きみ)に教(おし)えておきたい理论(りろん)がもう一(ひと)つある
君(きみ)は今见(いまみ)ている星(ほし)の光(ひかり)が
数亿光年(すうおくこうねん)の彼方(かなた)にある星(ほし)から
放(はな)たれてるって知(し)ってるかい?
わぁ、数亿光年前(すうおくこうねんまえ)に放(はな)たれた光(ひかり)が
今仆(いまぼく)たちの目(め)に届(とど)いているんだ
数亿年前(すうおくねんまえ)、台湾(たいわん)と日本(にほん)は
一体(いったい)どんな様子(ようす)だったろう
山(やま)は山(やま)、海(うみ)は海(うみ)
でも、そこには谁(だれ)もいない
仆(ぼく)は星空(ほしぞら)が见(み)たくなった
虚(うつ)ろいやすいこの世(よ)で
永远(えいえん)が见(み)たくなったんだ
台湾(たいわん)で冬(ふゆ)を越(こ)すライギョの群(む)れを见(み)たよ
仆(ぼく)はこの思(おも)いを一匹(いっぴき)に托(たく)そう
渔师(りょうし)をしている君(きみ)の父亲(ちちおや)が、捕(つか)まえてくれることを愿(ねが)って
友子(ともこ)、悲(かな)しい味(あじ)がしても
食(た)べておくれ
君(きみ)には分(わ)かるはず…
君(きみ)を舍(す)てたのではなく、泣(な)く泣(な)く手放(てばな)したということを
みんなが寝(ね)ている甲板(かんぱん)で、低(ひく)く何度(なんど)も缲(く)り返(かえ)す
舍(す)てたのではなく、泣(な)く泣く手放したんだと
---------------------------------------------------
【第五封】
夜(よる)が明(あ)けた、でも、仆(ぼく)には関系(かんけい)ない
どっちみち、太阳(たいよう)は浓(こ)い雾(きり)を连(つ)れてくるだけだ
夜明(よあ)け前(まえ)の恍惚(こうこつ)の时(とき)
年老(としお)いた君(きみ)の优美(ゆうび)な姿(すがた)を见(み)たよ
仆(ぼく)は髪(かみ)が薄(うす)くなり、目(め)も垂(た)れていた
朝(あさ)の雾(きり)が舞(ま)う、雪(ゆき)のように仆(ぼく)の额(がく)の皱(しわ)を覆(おお)い
激(はげ)しい太阳(たいよう)が君(きみ)の黒髪(くろかみ)を焼(や)き尽(つ)くした
仆(ぼく)らの胸(むね)の中(なか)の最后(さいご)の余热(よねつ)は、完全(かんぜん)に冷(さ)め切(き)った
友子(ともこ)…
无能(むのう)な仆(ぼく)を许(ゆる)しておくれ
-----------------------------------
【第六封】
海上気温(かいじょうきおん)16度(ど)
风速(ふうそく)12节(せつ)、水深(すいしん)97メートル
海鸟(うみどり)が少(すこ)しづつ见(み)えてきた
あしたの夜(よる)までには上陆(じょうりく)する
友子(ともこ)…
台湾(たいわん)のアルバムを君(きみ)に残(のこ)してきたよ
お母さんのところにおいてある
でも一枚(いちまい)だけこっそりもらってきた
君(きみ)が海辺(うみべ)で泳(およ)いでいる写真(しゃしん)
写真(しゃしん)の海(うみ)は风(かぜ)もなく、雨(あめ)もなく
そして君(きみ)は天国(てんごく)にいるみたいに笑(わら)っている
君(きみ)の未来(みらい)は谁(だれ)のものでも
君(きみ)に见合(みあ)う男(おとこ)なんていない
美(うつく)しい思(おも)い出(で)は大事(だいじ)に持(も)って来(こ)ようと思(おも)ったけど
连(つ)れて来(こ)れたのは虚(むな)しさだけ
思(おも)うのは君(きみ)のことばかり!
あ、虹(にじ)だ!
虹(にじ)の両端(りょうたん)が海(うみ)を越(こ)え
仆(ぼく)と君(きみ)を结(むす)び付(つ)けてくれますように

【第七封】
友子(ともこ)、无事(ぶじ)に上陆(じょうりく)したよ
七日间(しちにちかん)の航海(こうかい)で
戦后(せんご)の荒廃(こうはい)した土地(とち)にようやく立(た)てたというのに
海(うみ)が懐(なつ)かしいんだ
海(うみ)はどうして
希望(きぼう)と绝望(ぜつぼう)の両端(りょうたん)にあるんだ
これが最后(さいご)の手纸(てがみ)だ
后(あと)で出(だ)しに行(い)くよ
海(うみ)に拒(こば)まれた仆(ぼく)たちの爱(あい)
でも、思(おも)うだけなら许(ゆる)されるだろ!
友子(ともこ)、仆(ぼく)の思(おも)いを受(う)け取(と)っておくれ
そうすれば、少(すこ)しは仆(ぼく)を许(ゆる)すことができるだろ
君(きみ)は一生仆(いっしょうぼく)の心(こころ)の中(なか)に居(い)るよ
结婚(けっこん)して子供(こども)ができても
人生(じんせい)の重要(じゅうよう)な分岐点(ぶんきてん)に来(く)る度(たび)
君(きみ)の姿(すがた)が浮(う)かび上(あ)がる…
重(おも)い荷物(にもつ)を持(も)って家出(いえで)した君(きみ)
行(ゆ)き交(か)う人混(ひとこ)みの中(なか)に、ぽつんと伫(たたず)む君(きみ)
お金(かね)を贮めてやっと买(か)った
白(しろ)のメリヤス帽(ぼう)をかぶって来(き)たのは
人混(ひとこ)みの中(なか)で君(きみ)の存在(そんざい)を知(し)らしめる为(ため)だったのかい
见(み)えたよ…仆(ぼく)には见(み)えたよ…
君(きみ)は、静(しず)かに立(た)っていた
七月(しちがつ)の激(はげ)しい太阳(たいよう)のように
それ以上直视(いじょうちょくし)する事(こと)は出来(でき)なかった
君(きみ)はそんなにも静(しず)かに立(た)っていた
冷静(れいせい)に努(つと)めた心が一瞬热(いっしゅんあつ)くなった
だけど、心(こころ)の痛(いた)みを隠(かく)し
心(こころ)の声(こえ)を饮(の)み込(こ)んだ
仆(ぼく)は、知(し)っている、思慕(しぼ)という低俗(ていぞく)な言叶が
太阳(たいよう)の下(した)の影(かげ)のように
追(お)えば逃(に)げ…逃(に)げれば追(お)われ…
一生(いっしょう)
友子(ともこ)
自分(じぶん)のやましさを最后(さいご)の手纸(てがみ)に书(か)いたよ
君(きみ)に会(あ)い、忏悔(ざんげ)するかわりに
こうしなければ自分(じぶん)を许(ゆる)すことなど少(すこ)しも出来(でき)なかった
君(きみ)を忘(わす)れた振(ふ)りをしよう
仆(ぼく)たちの思(おも)い出(で)が
渡(わた)り鸟(どり)のように、飞(と)び去(さ)ったと思(おも)い込(こ)もう
君(きみ)の冬(ふゆ)は终(お)わり、春(はる)が始(はじ)まったと思(おも)い込(こ)もう
本当(ほんとう)にそうだと思(おも)えるまで、
必死(ひっし)に思(おも)い込(こ)もう
そして…
君(きみ)が永远(えいえん)に幸(しあわ)せであることを祈(いの)っています

TOP

返回列表